×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「EKスポーツ 3G83ターボエンジン タイミングベルト交換」

スバルサンバー大百科                                                                                     










タイミングベルト交換とは
タイミングベルトの解説
交換に必要なもの・心構え
一緒にやったほうがいい作業
エンジンの種類とタイミングマーク
タイミングベルト交換のポイント

トヨタ
スターレット EP82
カルディナ 3Sエンジン
コルサ 5Eエンジン
ライトエース 3Cエンジン
ビスタ SV43 3Sエンジン
マーク2 JZX105 1JZエンジン
クラウン JZS153 1JZエンジン
ソアラ
ハイエース 3Lエンジン
チェイサー 1JZエンジン
エスティマ MCR30 1MZエンジン
ラウム 5Eエンジン

日産
ADバン
セドリック Y33 RB25エンジン

ホンダ
ライフ JB2
バモス HM2
シビック
ライフ JB1
ステップワゴン RF2
CR−V
ホビオ
オデッセイ RA6 F23Aエンジン
ホビオ HM4 縦置きエンジン

三菱
シャリオ 4G63エンジン
ランサーエボリューション2
トッポ 3G83エンジン
EKスポーツ 3G83ターボ
タウンボックス U64W DOHC
ディオン CR5W 4G93 GDI
デリカ SKF2MM
ミニカ 4A30エンジン
グランディス NA4W

マツダ
ボンゴトラック
ボンゴ R2エンジン
ボンゴ SKF2M RFエンジン
タイタン WLエンジン
ボンゴブローニィ SREAV

スバル
プレオ タイベル・ヘッドガスケット
プレオ スーパーチャージャー
インプレッサ
ヴィヴィオ
サンバー TT2
レガシィ BP5
レガシィ BE5
フォレスター SF5NEW

スズキ
カプチーノ EA11R F6Aエンジン
カプチーノ EA11R その2
Kei F6Aエンジン
アルト HA12S F6Aターボ
ワゴンR タイミングチェーンカバー漏れ
エブリィ タイミングチェーンカバー漏れ
ワゴンR MC11S F6A

ダイハツ
ムーブ L160S
ミラ L710V
ミラ L260S
アトレー S330G
ムーブ L900
ハイゼット S330V

その他
パサート V6エンジン

その他タイミングベルト関係
タイミングベルトの交換時期とは?
切れたタイミングベルト
5万キロで切れたベルト
タイミングチェーン交換の理由
タイミングベルトのコマズレ
折れたカムシャフト
経年劣化したベルト
クラッシュしたバルブ
コマとびのタイミングベルト

タイミングベルト各種部品
エンジンオイル
バッテリー
エアクリーナー
スパークプラグ
ファンベルトセット
プラグコード
タイミングベルトセット
自動車整備工具


コミュニティ
MHOENGINEERING
交換時期
交換費用
自動車故障診断・修理
MHO−SHOP
タイミングベルト交換
自動車修理Q&A その2
走行距離10万20万30万km
交換自動車部品
ブレーキパッド交換
チューニング&自動車工学3
車体番号エンジン番号位置
キーレス登録
締め付けトルク・整備データ
メール


本日はEKスポーツのタイミングベルト交換をレポートします。
これは中古販売の整備です。僕が担当したので作業をレポート



三菱 EKスポーツ。ターボモデルです

H81W

15年式


エンジンは3G83。もうこのエンジンのタイミングベルト交換は30回以上やっている
ターボなのでちょっと作業工程が増えるだけ。といってもインタークーラーを外すだけ。

まずはエアインテークガイドとエアクリーナーボックス、そしてインタークーラーをそれぞれ外します



順番としては、エアインテークガイド。そしてインタークーラー。最後にエアクリーナーBOXをはずすのがやりやすいと思う。
ターボなのでバキュームホースが何本かつながっているので、心配な人はそれぞれどこにはまっていたか
分かるように印を付けておきましょう


エアクリーナーBOXを外すとこんな感じ。

これで右前のタイヤを外して、カバーを外してウォーターポンププーリーのネジ10mm4本を先に緩めておきます。
ベルトの張力が押さえになるので、勢い良くネジを回せば緩む


ネジを緩ませておいたら、補機ベルトを外します。12,5角のエクステンションををオートテンショナーにセットして、ベルトを
緩みの方向へテンショナーを移動させて押さえのドライバーを突っ込んでおきます


ベルトを外したらとっととオートテンショナーも外す。14mmと12mmのネジ。

そしてクランクプーリーのネジもはずしてプーリーも外す



外したプーリー


補機ベルトのアイドラーベアリングを外す。12mmのネジ2本。そしてウォーターポンププーリーを外す

今回はウォーターポンプも外すので、オルタネーターのネジを外して、ウォーターポンプからスライドさせておく。
ウォーターポンプがオルタネーターのステーも兼ねているため。


このぐらい引き離しておけば問題なし。

オイルレベルゲージを外して、タイミングベルトカバーを外します


タイミングベルトカバー


タイミングベルトが見えます。各アイマークをまずはあわせます。
3G83というエンジンはエンジンの振動を低減させるバランサーシャフトを使っています。
なのでアイマークは3つ存在します。













カム・クランク・オイルポンプ。この3つのマークを合致させる必要があります。

そして今回交換する部品は

タイミングベルト
テンショナー
カムオイルシール
クランクオイルシール
オイルポンプオイルシール
オイルポンプのボディパッキン
ウォーターポンプ

3G83の定番コースです。



カムのアイマーク。スプロケットの刻みとベルトカバーの受け側の刻み。



赤丸がクランクのアイマーク。黄色がオイルポンプのアイマーク

この3つが合致した場所がバランサーを含めた1番圧縮上死点です。

タイミングベルトがかかっている状態でオイルポンプのスプロケットの12mmのネジを緩めておく。

タイミングベルトを外すにはクランク角センサーを外しておかないと邪魔になって外せない。


各部品を交換していきます



カムのスプロケットを外してベルトインナーカバーを外してカムのオイルシールを交換

新しいオイルシールを打ち込む


ウォーターポンプ交換。パッキンが紙なのではがすのが大変。



クランクのシール交換


オイルポンプのシールはボディを取り外した状態で行います。


オイルポンプのボディを外す


中にはギヤが入っています。ひとつがバランサーシャフト。もうひとつがオイルポンプのギヤ。


オイルシールを交換。

パッキンを交換してオイルポンプのボディを取り付ける


これでテンショナーをつけて、タイミングベルトをかける。アイマークをずらさないように。



タイミングベルトをかけます


各タイミングマークが間違っていないことを確認したら張り調整を行います。

これもカムスプロケットのマークが張り調整のマークまで進んだらテンショナーを締め付けるタイプ


カムのスプロケットの上死点マークがインナーカバーのもうひとつの切り欠きの部分まで進んだらテンショナーを締め付けます。
丁度黄色い印のところまで進んだらテンショナーのネジを締めて張り調整終了です。



あとは元に戻してクーラントとオイルを抜いていたら補充して

EKスポーツのタイミングベルト交換は終了です。


MHOショップではタイミングベルトをテンショナーなどと一緒に販売
セット販売なので低価格を実現

タイミングベルトセット

この機会に是非ご検討ください。








チームMHOの運営する

毎日更新親サイト自動車メーカーMHO ENGINEERING!

激安商品ばかり!自動車パーツ販売のMHO−SHOPもどうぞ



面白かったらMHO ENGINNERINGをお気に入りへ★


各ソーシャルブックマークのお気に入りははこのボタンでどうぞ






   Copy right 2005-TEAM MHO all right reserved. このHPはリンクフリーです